かが森林組合|石川県小松市|加賀市|山中|白山市|那谷

 

小松支所(平成29年度)

  • HOME  > 
  • 小松支所(平成29年度)
 

平成29年7月

平成29年7月
 
炭の販売
 小松支所では、地元の大杉の釜で作られた炭を販売しております
   
 
 
 
 
①切炭(10㎏入)
 
   1袋 2,160円
 
 
 
 
 
②バーベキュー用切炭(10㎏入)
 
   1袋 1,620円
   
  先日、4月30日安宅漁港の『ぴちぴち市』で甲いかを①の炭で焼きましたが、通常30㎏使用が20㎏で済み、火のつきもよく長持ちして好評だったと小松市役所職員の方からお墨付きを頂きました
 
私も、GWにバーベーキューをしてこの①の炭を使用しましたが、ほんと市の職員の方が言うように長持ちしてよかったです。GWの時には、②の炭があるなんて知らなかったので、①の炭を購入しましたが、バーベーキューをするのであれば、値段的にも②の炭で充分だと思います
 
皆さんも、大杉産の炭はいかがですかお待ちしております。!(^^)!
 
 
   
*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。
 

平成29年5月

平成29年5月
 
木質チップの利用法

 桜の花も散り、山菜の季節も終わりを迎えつつありますが、まだしばらくは山へ入るのに心地よい風が迎えてくれそうな季節ですね。枝打ちや除伐といった施業も少ないこの時期ですが、小松支所では木質チップを広葉樹林に敷き詰めるという作業を行う機会がありましたのでご紹介いたします

 

 通常、広葉樹は薪やシイタケの原木などに使われ、枝葉などの利用できない部分は山に捨てられてきました。今回ある現場で広葉樹を伐採する機会があり、枝葉を利用できないか検討した結果、チップ化して山に戻してやれば広葉樹林の景観としてもいいのではということになり、やってみた結果が写真の様になりました
 
約4000㎡の広葉樹林を適度に間引きし、厚さ約20cmくらいにカーペットの様に敷き詰めてみました。なかなかいい感じだと思いませんか 
   

 木質チップというとバイオマス燃料だけではなく、このように間伐施業地などで作業道に敷き詰めて、泥水が流れ出すのを防ぐことにも使われているそうです
今後は公園などでも木質カーペットをもっと使ってほしいですね。夏にはカブトムシやクワガタが卵を産みに来て、子供たちにも楽しんでもらえそうです

   
*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。
<<かが森林組合>> 〒923-0181 石川県小松市長谷町ヨ244番地 TEL:0761-46-1341 FAX:0761-46-1177