かが森林組合|石川県小松市|加賀市|山中|白山市|那谷

 

管内の森林、自然環境の特徴

  • HOME  > 
  • 管内の森林、自然環境の特徴
   
 管内の民有林面積は、86,183haでこのうち人工林面積が21,783ha(人工林率25.2%) となっています。当組合管内の一部である南加賀地域はスギの優良生産地として知られ、地元品種「日用スギ」が広く分布しています。一部では「百年木」と呼ばれる長伐期施業が行われており、スギの大径材生産による美林も多く見られます。山裾の肥沃な土地に人工林が広がっており、手入れが行き届いた人工林は美しい山里の風景を生み出しています。

 一方、管内東側に位置する白山地域は、森林率が80%以上と高く、県下の水がめとしての重要な水源地となっています。人工林率は18.6%と県平均(39%)と比較しても著しく低く天然広葉樹が80%以上を占めています。なお、人工林は雪に強い「桑島スギ」が大部分を占めています。

 植生の垂直分布は、海岸沿いから白山の麓のブナ林まで非常に多様な自然環境を有しています。
<<かが森林組合>> 〒923-0181 石川県小松市長谷町ヨ244番地 TEL:0761-46-1341 FAX:0761-46-1177