かが森林組合|石川県小松市|加賀市|山中|白山市|那谷

 

加賀支所(平成30年度)

  • HOME  > 
  • 加賀支所(平成30年度)
 

2018年6月

2018年6月
 
県民の森開園式
 去る4月29日(昭和の日)に、加賀市山中温泉杉水町の県民の森にて開園式がありました
 
 今年度より当組合が地元地域振興会の構成に加わることとなり、最初のイベントとしてお手伝いさせて貰うことになりましたsmiley
組合からは組合長、専務をはじめ以下職員6名で参加してきました
 山が高いこともあり肌寒いと思い、着込んで行きましたが、半袖にならないと暑い位の快晴でした
 
 
 現地到着後開園式の準備を行い、午前10時より管理棟前にて開園式が行われました
   
 式典時には来園者が少ないかなと思いましたが、11時よりヤマメの稚魚放流、竹とんぼ遊びなどがあり、その後豚汁とふかしイモの提供がある頃にはたくさんの人が集まっていましたsurprise
 
 組合職員は草団子等の販売や、豚汁とふかしイモを来園者に配膳するお手伝いしました
皆さんに行き届いたところで私たちも頂きましたが、空気の美味しい山で食べる豚汁とふかしイモの味は格別でしたcheeky
 
 
 今後も定期的に県民の森において色々なイベントがあります
その際には組合も積極的に参加し、協力していこうと思いますwink
 
 
 
尚、県民の森のイベント情報についてのお問い合わせはコチラ↓までお願いします
 
 
【住所】       〒922-0136 石川県加賀市山中温泉杉水町
           石川県県民の森管理事務所
【電話番号・FAX】 0761-78-3883
   
*:;:*☆☆*:;:*☆☆*:;:*☆☆*:;:*☆☆*:;:*☆☆*:;:*
  
   
 

2018年4月

2018年4月
 
ニホンジカ被害防止対策推進事業について
 近年、県内の福井県境付近の森林を中心にニホンジカの角研ぎ被害が発生していますindecision
シカの角研ぎは、地面から約2mの高さでの樹皮を剥ぎます
一度剥皮被害を受けた樹木は元に戻らず、剥皮部分から雨水等が侵入して腐食し、価値の高い1番玉が使えなくなります
 そこで、シカの侵入・定着による森林被害拡大防止を図るため、加賀市イノシシ被害対策協議会にシカ部会を新設し、事務局をかが森林組合(加賀支所)に置き、平成28年秋頃より捕獲業務を開始しました
前回の記事から、誘導柵を2.4km延長し、合計7.5kmに延ばしましたまた、捕獲のための檻も1基追加し合計13基の檻を設置してありますsmiley
   
 また、新たにナイロン製の柵を曽宇町・熊坂町・奥谷町の3町内含め、合わせて2.4km程延長し、監視カメラも4台追加し、合計で20台のカメラが設置されています 
平成29年度はイノシシを38頭捕獲しました
ニホンジカについては、新たに尾根部に設置した監視カメラに2頭写っている姿が確認出来ましたそのため付近の檻1台をニホンジカが下りてくると考えられる箇所に移動し、見回りを行っています
 
 
ナイロン製の柵(熊坂町 尾根部)
 
監視カメラ
   
異動しました!
 3年ぶりに加賀支所に戻ってきました石村ですwink
また、頑張りますので宜しくお願いしますsmiley顔を見かけたら是非声を掛けて下さい
 
 
 
 

過去の記事はコチラ!!

過去の記事はコチラ!!
 
<<かが森林組合>> 〒923-0181 石川県小松市長谷町ヨ244番地 TEL:0761-46-1341 FAX:0761-46-1177