那谷工場(令和2年度)

 

2020年10月

2020年10月
 
TKウォール
 今回は、那谷工場の事務所から見える風景をご紹介しようと思います
那谷工場の事務所は三方に大きな窓があるのでとても明るく、工場内の様子もよく見えますwink
私の座る席の右手側には、手前から土場、製材工場が見え、
   
 背後は選別機、皮剝ぎ機、丸棒工場、
   
 左手側には土場と、その奥の方に山積みされているチップ用原木が見えますsmiley
   
 初めて工場に来たときは、丸太の量にとても驚いたことを今でも覚えていますindecision
 私は山育ちなので木は見慣れていると思っていましたが、たくさんの丸太が並んでいる姿を見ると、今までは「山」として大雑把にしか木を認識していなかったんだなぁと実感させられました
 那谷工場の外周にはたくさんの桜の木も植えられており、周囲は山で囲まれています
 春は桜、夏は新緑ときて、もうそろそろ紅葉のシーズン
 事務所から見える秋の景色が今から楽しみです
   
○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○
 
 

2020年8月

2020年8月
 
TKウォール
 那谷工場では様々な製材品や土木資材等を製造しておりますが、今日はその中でも「TKウォール」について紹介したいと思いますwink
 「TKウォール」とは、山道を掘削して道を切り開いていく際に、路体盛土が崩落しないよう補強する為に使われる、間伐材を使用した擁壁資材です
   
 写真にある枠組みのようなものが「TKウォール」ですsmiley
 ジオテキスタイルを用いた補強土壁工(巻込み形式)であり、壁面部に間伐材を利用することにより、確実な施工を可能にするとともに、緑化が可能なことから自然環境への調和も図ることができる資材となっています
 これを下の写真のような手順を経て、盛り土をしっかりと締め固め、崩落しないよう施工し…
   
 最終的にはこのような景観となります
   
 また、この法面には植生シートを使っており、日が経つにつれ植物が根付いて強度が増し、自然と一体化されたこのような景観となります
   
 このように、木部が経年により腐食し自然に還ろうとも、補強材や草木が根付いてくれるおかげで法面を維持するとともに、自然景観の維持にも繋がる資材となりますwink
   
○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○
 
 

2020年6月

2020年6月
 
ギャング
 私は中途採用で入社し、製材のギャングを担当して1年が経ちました
 主に、間柱・ラミナ(集成材)の生産をしています
 機械操作は慣れましたが、製品の選別がまだまだ分かりません
 早く選別が分かるようになりたいと思います
   
○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○
 
 

2020年4月

2020年4月
 
 桜の開花宣言が発表されてから、那谷工場の桜がなかなか咲かないと思っていましたが、ある日出社したところ、約100本ほどあるすべての桜が一斉に咲きそろっていました
 仕事の合間に綺麗な花を見て癒されています
 
 
 
 桜と白山のコラボが見られました
   
○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○*:;:*○
 
 

過去のお知らせコーナーはこちら

過去のお知らせコーナーはこちら
 
 
 
                      那谷工場 過去のお知らせコーナーへ
 
<<かが森林組合>> 〒923-0181 石川県小松市長谷町ヨ244番地 TEL:0761-46-1341 FAX:0761-46-1177