かが森林組合|石川県小松市|加賀市|山中|白山市|那谷

 

那谷工場 平成29年度

  • HOME  > 
  • 那谷工場 平成29年度
 

安全管理(2017年10月)

安全管理(2017年10月)
 
 
 今回は、那谷工場でのリスクアセスメント実施について紹介
 したいと思います。
 
 構内はいろいろな業者さんがたくさん 出入りするので、
 事故や怪我等が無い様、ミーテイングを重ねたり危険予知をしたり
 して看板を設置するなど常に安全管理に努めています
 
   
 
 また、原木を取り扱う重機やフォークリフト、鋸や刃物を
 使用する機械等、ミスをすれば危険を伴なう機械が多くあ
 ります。
 
 災害ゼロを目指し、皆で頑張ります
 
 
 
 

フォークリフト(2017年8月)

フォークリフト(2017年8月)
 
 
 那谷工場では様々な重機を使い日々業務に取り組んでいます。
 
 その中でも、なくてはならない存在のフォークリフトですが、
 チップ工場では、チップ材の運搬やチップの積込に大活躍し
 ています
 チップ材は曲がったものが多く、運搬作業が厄介です
 
 フォークリフトの運転には自信を持ち始めましたが、先輩方
 の運転を目にすると見事に自信を打ち砕かれます
 
 綺麗にスムーズに、何より安全に運転できるよう意識し
 ながら、日々業務に取り組んでおります。
 
 
 

ラミナ フィンガージョイント加工(2017年6月)

ラミナ フィンガージョイント加工(2017年6月)
 
 
 那谷工場では、毎月約5,000枚の間柱を生産しています。
 
 生産された間柱の中で、等級の外れたものはラミナ(集成材
 の単板)になります。それぞれ、隣接の南加賀木材協同組合
 さんへ納品されますが、今回はラミナのフィンガージョイント
 加工 についての紹介をしたいと思います。
 
 選別⇒乾燥⇒モルダー⇒フィンガージョイント⇒接着 という流れです。
 
 フィンガージョイント加工されることにより比較的短い材料や
 節、腐れ、割れなどの欠点が発生している部分を切断し加工す
 ることにより、材料の損失が比較的少なくなり、強度をもった
 長尺の集成材が生産可能になりました
 
   
 
 近年、集成材が多用される中、那谷工場でも生産性を上げ
 対応していけるように、努めていきたいと思っております
 
 
 
  木材用語集
 
 ●モルダー加工とは・・・木材の仕上げ工程の一つ。
            製材では鋸刃による裁断となるため
            断面がざらついてます。
            その表面をモルダー機械により平滑にす
            る工程です。
 
 ●フィンガージョイントとは・・材料の木口端部を指と指を組合せた
            ように、ジグザグに切削加工して、
            相互にはめこんで接着する接合方法
            で、集成材に採用されます。
 
 
 
 

木質チップの供給(2017年4月)

木質チップの供給(2017年4月)
 
 
 せせらぎの郷さんは、小松市瀬領町にある温泉施設です。

 コマツさんのバイオマス蒸気ボイラシステムに続き、せせらぎ

 の郷さんに新設された木質バイオマス温水ボイラに、今春
 
 から那谷工場からの木質チップの供給が始まりました。
 
 木質チップの年間使用計画量は、約360tです。
 
 
   
 
 
 現在は、4tダンプで週
 
 2~3回程度、運搬して
 
 います。
 
 
       
 

過去のお知らせコーナーはこちら

過去のお知らせコーナーはこちら
 
 
 
                      那谷工場 過去のお知らせコーナーへ
 
<<かが森林組合>> 〒923-0181 石川県小松市長谷町ヨ244番地 TEL:0761-46-1341 FAX:0761-46-1177